数冊の古書

古書の買取

古本を買い取ってくれる店舗はよく見かけますが、古書の買取をおこなっている店舗はあまり見ないのではないでしょうか。しかし、調べてみると意外に業者が存在するものです。買取方法も記載されているので参考にしてみてください。

読書をしている女性

古書の買取方法

古書を買い取ってもらう方法は主に3種類あります。店舗への持ち込み、出張サービス、郵送です。どれもメリットとデメリットがあるので、それぞれ理解したうえでみなさんに合った方法を選択しましょう。

電卓を見ている男性

買取業者の比較

古書の買取を依頼する場合、どこの業者に相談すべきか悩みますよね。そこで便利なのが比較サイトです。多くの利用者から寄せられた意見をもとに、よりオススメの買取業者を紹介してくれているので参考になりますよ。

読まない書籍は買取へ

電卓を持っている男性

街中でよく見かける古本買取専門店。
読まなくなった古本を買い取ってくれる店舗で、その古本の状態などに見合った料金を受けとることができます。
書籍というのは幅広い知識を身につけるためにも重要ですが、もう読まなくなった書籍をいつまでも残しておく必要はありません。
もちろんいつかまた役に立つ日がくるかもしれませんが、現状ホコリを被りながら本棚の奥底に眠っているというのであれば、その望みも薄いでしょう。
読まなくなった書籍を残していても余計に本棚のスペースを取るだけですので、思い切って処分し、新しい書籍を購入してそこにしまう方が有益でしょう。
そうなったとき、ただ捨てるのでもいいですが、買取専門店に持って行って査定してもらうことをオススメします。
大した金額にはならないかもしれませんが、わずかでも現金と引き換えてもらうことができるでしょう。

しかし、古本買取専門店でも受け付けてもらえない書籍があります。
それが古書と呼ばれているものです。
「古本」と「古書」は似ているようにも思えますが、まったく別のモノを指します。
買い取ってもらおうと思って持っていった書籍が古書だった場合、古本買取専門店では取り扱っていないことも多く、現金に替えることはできません。
ですが、逆に古書のみを買取対象としている業者も存在します。
家に不要となった古書が積まれているのであれば、整理の意味も込めて古書買取業者に依頼してはいかがでしょうか。

古書

「古書を買取に出すならより高額で買い取ってくれる業者を選ぼう」の記事一覧です。